うちの子、平日の朝になると下痢をして学校を休んでしまう。

トイレに頻繁に行くから、すぐにトイレに行きにくい授業に出られず、外出もできない。どうすればいいのか。

腹痛・便秘・下痢などの症状は過敏性腸症候群かもしれません。
本記事では、過敏性腸症候群について解説します。

過敏性腸症候群とは?

過敏性腸症候群(IBS)は、腸管運動の障害によって腸管が過敏に反応し、腹痛、腹部膨満感、便秘、下痢、消化不良などの症状を引き起こす慢性的な消化器疾患です。
IBSは、環境、食生活、ストレスなどの要因によって引き起こされることがありますが、原因は明確にはわかっていません。医師は、患者の症状、身体検査、および一連の検査結果に基づいて診断を行います。

IBSの治療は、症状に応じて異なります。医師は、薬物療法、食事療法、運動、ストレス管理、認知行動療法などの方法を使用して、症状を軽減するために治療が提供されます。適切な治療と症状管理により、多くの人々が症状の軽減を経験しています。

過敏性腸症候群の症状は?

便秘型、下痢型、混合型、分類不能型の4つに分けられます。
どの型にも共通するのは、ストレスを感じたり生活習慣が乱れると、お腹の不調に繋がるということです。

学校に行く前にお腹が痛くなって登校できなかったり、学校に着いた後でお腹が痛くなったりすることが重なると、「学校」=「お腹痛くなる」のイメージが強くなります。
みんなの前でもらしたらどうしよう。授業中トイレに何回も行くと恥ずかしい。など、不安になる考えが浮かぶと、それがストレスになってますます学校に行きたくなくなってしまいます。

過敏性腸症候群の原因は?

はっきりとしたことは分かっていませんが、細菌やウイルス性胃腸炎にかかった後はIBSになりやすくなるとされています。
誰もが、緊張するとお腹が痛くなる時があります。これは、ストレスにより脳から大腸に「運動せよ」とサインが送られて、大腸の動きが活発になるためです。
IBSの人は、このサインのパイプが太く、少しの刺激でも大腸が反応してしまうので、お腹が痛くなりやすいとされています。

過敏性腸症候群の治療法

まずは生活習慣を改善するところから始めます。バランスの良い食事、適度な運動、十分な睡眠など、よく言われることですが、自律神経を整えるためにとても効果的な方法です。
IBSがストレスによるものだった場合は、ストレスを減らすことも大切です。
IBSのために学校に行けなくなってしまったこどもは、「学校」=「お腹が痛い」という考え方を変えていくことでストレスを減らします。医師による心理療法や、お薬を使ってストレスを少しずつ減らしていく治療が用いられます。

周りの人はどんなサポートができるか

IBSは、年齢と共に改善することで知られています。
ただ、悩みの渦中にあるこども本人にとっては、本当につらい毎日ですよね。

IBSになる危険因子として、タバコがあります。こども自身がタバコを吸うことはないと思いますが、家族がタバコを吸っていると、そばにいるこどもは副流煙でタバコの悪影響を受けてしまうかもしれませんね。
他にも、こどもが健康的な生活を送れるように、夜更かししないこと、適度に運動することなどの良い習慣を一緒に行なってあげることも、助けになるかもしれません。

注意したいこととして、IBSは悪化すると、潰瘍性大腸炎やクローン病になることもあると報告されています。それで、便に血が混じっていたり、体重が減るなど、気になる症状が出てきたら、ぜひ病院を受診してみることをお勧めします。

どの診療科を受診すればいいの?

まずは、小児科や内科を受診するといいでしょう。「内科・消化器内科」「内科・心療内科」と標榜されたところの方が良いかもしれません。

受診する時のポイント

病院を受診する際には、医師にもわかりやすいように腹痛の症状を伝える必要があります。そのためにも、まずは保護者の方がお子さんに症状について十分に確認をしましょう。

①痛み出した時期

いつ頃から痛くなったのか、突然急激な痛みが来たのか、最初は少しの痛みがどんどんひどくなってきたのかなど、

②痛む場所

痛みが起きている部位はどのあたりでしょうか、へその上?下?、右?左?など。

③どのような痛みか

ズキズキするのか、チクチクするのか、ずっと痛みが続いているのか。痛みが出たり治まったり波のようなものがあるのか、波があるならどのくらいの間が空くのかなど。

④便の状態

下痢をしているのか、便秘気味なのか、大便の形や色などを伝えましょう。血が混じっている場合は必ず伝えましょう。

さいごに

不登校になってしまう原因はたくさんありますが、この記事ではそのひとつ、「過敏性腸症候群」についてご紹介しました。
残念ながら、IBSは現段階では予防できるものではないようです。
それでも、IBSになるリスクを減らすためにできることはたくさんあります。
医師の指導のもと、原因となっているものが何なのかを見つけて、ストレスを少しでも減らすことができるといいですね。

文献

https://www.jsge.or.jp/guideline/disease/pdf/02_ibsr.pdf
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/heart/yk-079.html
https://www.chiba-ekimae.com/school_refusal.html

トップに戻る

編集人プロフィール

吉田 克彦
吉田 克彦公認心理師・精神保健福祉士
合同会社ぜんと 代表
大学在学中にに不登校や引きこもりの問題を抱える家族支援を目的としたNPO法人を立ち上げる。これまで20年以上、不登校・引きこもりなど家族の問題についてカウンセリングを実践しています。
4人息子の父親。